豊橋市の会計事務所|税理士法人SHIP~黒字化ストーリーを創る~

SHIPの強み

  • HOME »
  • SHIPの強み


SHIPが真の中小企業の経営パートナーを目指す中で、大切にしていて強みともいえるのが

月次決算×経営計画×コミュニケーション

です。
明確な目標に基づいて、自社の経営状況を適切に把握していただき、事業者の方との対話を通して、事業の“悩み”を解決できるようなご支援をさせていただいております。

月次決算

月次決算とは、経営管理に必要な情報提供を目的に、毎年の年次決算とは別に、毎月の企業業績や財政状況を明確にするために月単位で行う、経営データ構築のことです。
経営において自社の状況を定期的且つ適切に把握することは非常に重要です。
SHIPでは経営者の方にリアルタイムに自社の状況を把握していただくために、月次決算報告を実施しています。1社に対し2名(財務サポート・経営サポート)のサポート体制で月次決算のスピード化を実現、毎月「月次決算報告書」をベースとした、経営状況のご報告をさせていただいております。
経営の役に立つ迅速かつ適切なデータ提供を行うことで、経営判断の高度化・スピード化の実現を目指しています。

 

経営計画

経営計画はいわば“経営の羅針盤”です。事業を永続させるには、将来自社が進むべき方向性を明らかにして、目標設定をし、その実現のためにはどういう対策を講じるのか多面的に考え具体化することが必要です。そしてそれを取りまとめて落とし込んだものが経営計画です。
経営には計画性と継続性が必要で、そのためにも経営計画は非常に重要で大切なものだといえます。
SHIPでは経営計画を軸とした経営アドバイスを長年の間実践してきており、これまでに延べ400社以上の経営計画作成のご支援をさせていただいております。
経営計画により、中期VISIONと事業の方向性を、社内外で共有いただき、SHIPと毎月予実管理を実施することで、常に目標と実績の差を追いかける状況を作り出してまいりました。
これからも、SHIPが長年の間に培ったノウハウを生かし、“経営の羅針盤”づくりをサポートして参ります。

コミュニケーション

中小事業者の方へのご支援を実現するために欠かせないのが、事業者の方との“対話”です。
月次決算報告を通して事業者の方とお会いしながら、一方通行な文字・数字の提供ではなく、経営データをベースに事業の状況を直接教えていただきます。そして、ともに経営について考えていくことが会計事務所に求められる真の役割であるといえます。
経営者や幹部の方のお悩みを“対話”を通して直接共有し、一緒に“悩む”ことで、経営者や幹部の方に経営に関する“気づき”を得てもらうことを目指しています。
SHIPでは様々なコミュニケーションツールやスキルを活用しつつも、“対話”によるコミュニケーションを最も大切にし、いわゆる先生目線ではなく、事業者の方と同じ目線をもつパートナーとして企業をバックアップしていく体制を実現しています。


SHIPは、

・ 毎月、経営者様と顔を合わせて情報を共有し、一緒に考えます!

・ 1社に対して2名担当制で迅速かつ適切な経営状況のご報告を行っています!

・ 計画と対話を大事にする経営パートナーとして、中小事業者の方のサポートに全力を尽くします!

・ 顧問税理士を変えられない時はセカンドオピニオンとしてサポートします!

・ 経営課題に応じたチーム力で課題解決に全力を尽くします!

Success navigator 成功へ導くための伴走者として
Human resource development お互いが人として成長していけるように
Improvement in communication コミニケーション力を高めつつ
Practice makes perfect ”継続は力なり”を実践していく

「SHIP」という社名には、そのような私たちの思いが込められています。
この思いを実現するためにも、真の経営パートナーを目指して行きます。

税理士法人SHIPのサービスはこちら!!

PAGETOP
Copyright © 税理士法人SHIP All Rights Reserved.