こんにちは、名古屋OFFICEの税理士きのっちです。

突然ですが、皆さん「経営力向上計画」は提出されていますか?

「経営力向上計画って何?」という方のためにご説明しておくと、「経営力向上計画」とは国による中小企業支援策の一つです。
人材育成、コスト管理等のマネジメントの向上や設備投資など、会社の経営力を向上させるために実施する計画で、国からの認定を受けることにより、様々な支援措置を受けることができます。
例えば、一定の設備投資や人材育成を行った場合の法人税の税額控除、政府系金融機関からの低利融資、許認可承継、などなど。

「そんな支援を受けられる計画とか、作成が大変そう」と感じた方も多いのはないでしょうか。
ご安心ください!下記の中小企業庁サイトを見ていただいて分かる通り、計画といっても、数十ページにわたるものではなく、実質的にはA4用紙数枚での記載で済みます。どうですか、思ったよりはハードル高くないですよね?

https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kyoka/ninteisinseisyo.html

では、計画認定を受けられたとした場合の一例をあげると、要件を満たす設備投資1,000万円を行った場合、①投資額の10%=100万円の法人税の税額控除、又は、②投資額1,000万円の即時償却、のどちらか選択可能となります。
(一定の場合には10%が7%になります)
設備投資が多い会社にとってはかなり金額のインパクトがありますよね。

ただし、計画作成のハードルは高くないとはいえ注意点ももちろんあります。
例えば、法人税の支援措置を受けるためには、原則として設備の取得前に経営力向上計画の認定を受ける必要があることなど。

まだ経営力向上計画を作成されていない方で、やはりご自身で作成するのは難しいなと感じた方は是非SHIPのサービスをご利用ください!
SHIPの【進化する経営計画】
お問い合わせ