こんにちは、神谷です!
先日、あるクラウドシステムのスタートアップフォーラムへ参加してきました。
このシステムは会計ソフトではなく、他の会計ソフトから財務データを取り込み、そのデータをクラウド上で顧問先と共有できるシステムです。

このシステムの特徴のひとつは、会計ソフトを導入されていない顧問先様でも、会計ソフトを導入しているのと同様に自社のPCで財務諸表を閲覧・出力することが可能なことです。会計ソフトがなくても財務諸表が見られるというのは、今までの概念を覆すものですね。
従来ですと、会計ソフトを導入されていない顧問先様で試算表等が必要になった際はその都度会計事務所へ依頼し、紙で出力した試算表を受け取っていたかと思います。ですがこのシステムを使用すれば、自社に会計ソフトがあろうとなかろうと、ご自分のタイミングでオンラインで試算表を確認していただけます。
つまり、顧問先から会計事務所へ試算表を依頼する必要もなくなり、試算表を受け取るまでのタイムロスもなくなります。また、オンラインで確認できるので、ペーパーレス化も可能です。
顧問先様への報告も、訪問する際に資料ではなくPCのみを持参しての報告や、遠方のお客様とはWeb会議システムを使用したオンライン報告の実現も考えられます。

このシステムには他にも、シミュレーション機能や同業他社との比較機能、企業評価機能等備わっており、進化の方向性はまだ未知数だなと改めて感じます。今後もクラウド会計業界全体が益々進化していくと思われますが、このようなシステムをうまく導入して、お客様とともに、弊社自身も業務効率や生産性の向上等を図っていきたいと思います。
こちらのシステムにご興味がおありの方は、ぜひ弊社までお問い合わせ下さい。